« Girls' Talk♪ | トップページ | 大晦日 »

2006年12月30日 (土)

「記憶の箱庭」

今日は、六本木ヒルズで開催されている、福山雅治さんの写真展「PHOTO STAGE -記憶の箱庭-」を見て来ました。年の瀬も押し迫ったこんな時期に行く人なんていないかな、と思ったのですが、会場には結構お客さんが来ていました。

展示は、3つのステージに分かれていました。STAGE 1は、福山さんを被写体として、4人の写真家が撮った写真。プライベートでも仲が良いという瀬尾浩司さんという方の写真に、好きなものが多かったです。パリの一角にある、私の大好きな場所で撮られたものも偶然あり、感激しました。

STAGE 2は、福山さんが「人生の師」と仰ぐ植田正治さん(2000年に他界)の作品。撮られた年代を見てびっくりするほど、新鮮でした。

STAGE 3は、福山さん自身が、旅の途中に撮った写真。何にカメラを向けるか、っていうことに、その人の性格って出ますね。ちなみに、福山さんは、10年で20ヶ国以上を旅したそうです。見ていたら、また旅行好きの血が騒いで来ました。。

全体を通して、福山さんの人柄が表れていて、心が和む写真展でした☆人とのつながりを大切にされていることが、エピソードから垣間見えて、なんとなく、ポルノグラフィティと共通するものがあるように感じました。ちなみに、福山さんのカメラも展示してあって、それを見ていたら、レンズに「HASSELBLAD」の文字があって、晴一さんを思い出しました♪

06123001夜の六本木ヒルズは、クリスマスを過ぎてもイルミネーションがキレイです♪空気が澄んでいて、東京タワーも見えたので、思わずパチリ。

優雅な時を過ごして、シアワセな気分になった一日でした♪

06123002_1オマケ。。前に行ったら、まだ展示されていなかった、ポルノのMステ出演時のメッセージボード。今日、テレ朝に行ってみたら展示してありました。。

|

« Girls' Talk♪ | トップページ | 大晦日 »

コメント

マサジさんの写真展かぁ・・東京近郊に住んでたら、絶対行ってたな。
マサジさんてあんまり旅をしているイメージないけど、そんなに旅してたんだね。
旅先の写真って、ほんとに個性が出るよね。
私は景色よりも、お店の看板とか、路地裏とかばっかりで、「なんでそんなもの撮るの?」ってよく言われるもん(笑)

六本木ヒルズのイルミネーション、きれいだね~
遠くに見える東京タワーも、ステキだな。

いよいよ今年も終わってしまうけど。
今年1年仲良くしてくれて、本当にありがとう。感謝の気持ちでいっぱいです。
また来年も会えるのを楽しみにしてるね。そして、よろしくお願いします。
ミナさんにとってよい年になりますように。

投稿: linna | 2006年12月31日 (日) 01:35

ポ、ポルノのフリップが…!?
やっぱりラバップさんの表記ミスだったのかぁ(T_T)
福山さんってほんとに多趣味というか、多才な方ですよね!
天はニ物も三物も与えるんだなぁ。

今年は出会いがたくさんあった一年だったけど、ミナさんとの出会いが一番衝撃的でした(笑)
ミナさんと再会できてほんとに嬉しかった〜!
またどこかでお会いできたらいいな(^^)
来年もよろしくお願いします♪よいお年を〜

投稿: あゆ風 | 2006年12月31日 (日) 18:02

☆linnaさん☆
マサジさんの写真展、他の都市でもやってくれたらよかったのにねぇ。。
素敵だったよ~。
linnaさんはお店の看板とか路地裏の写真かぁ。
私は、空とか雲とかお店のショーウィンドーとかが多いかな。

こちらこそ仲良くしてくれてありがとう♪
linnaさんは、ブログで知り合って実際に会った初めての人だから、すごく思い出深いよ。
来年もよろしくネ♪

☆あゆ風さん☆
そう、今頃になって、フリップが出てたんですよ。。
福山さんは多才ですね。
かっこいいけど、中身も素敵で。だから同性のファンも多いんでしょうね。

あゆ風さんとの出会いは、ほんと、衝撃的でしたねぇ(笑)
ブログ読んでて、鳥肌立っちゃいましたもん。
あ、あの時隣にいた女の子ってあゆ風さんだったんだっ!って。
ぜひまた会いたいです♪
同じLIVEに参戦するみたいだし。
来年も仲良くしてくださいね♪

投稿: ミナ | 2006年12月31日 (日) 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/59204/4735782

この記事へのトラックバック一覧です: 「記憶の箱庭」:

« Girls' Talk♪ | トップページ | 大晦日 »