« レポ執筆中 | トップページ | ライヴ熱? »

2007年6月21日 (木)

"Open Music Cabinet"ファイナル公演を振り返る

ちょっと日にちがたっちゃいましたが、6月17日(日)の、ポルノグラフィティ 8th Live Circuit "Open Music Cabinet"ファイナル公演@石川県産業展示館4号館を振り返ります☆

ツアーを通しての、それぞれの曲の感想などは、また後日アップするとして、今回は、ファイナルならではのスペシャルなこと、サプライズなことについて書きたいと思います。

あらかじめ言っておきます。長いです。か・な・り、長いです。

開演前

ファイナルだし、良い席だったので、雰囲気に浸りたくて早めに到着。会場は、スタンド席が無くて、まさに体育館のようでした。普通の会場だと、建物の中に入ってからも階段があったり、重いドアがあったりする訳ですが、この会場は、シャッターがあるだけ。シャッターの下をくぐると、いきなり椅子が並んでて、不思議な感じでした。

席についてからは、時間があったので、じっくりスタッフさん達を観察。今まで気に留めてなかったけど、スタッフさんはいつもツアーTシャツ&タオル着用でしたっけ??それともファイナルだったからかな。。タオルを頭に巻いたり、首に巻いてマフラーみたいにしたりして、みんな、このファイナルを楽しんでいるように見えました。

開演数分前、ステージの手前にスタッフさん10人くらいが等間隔にしゃがんでスタンバイ。幕が落ちた後、それを片付けるためのようでした。そこへ、リーダーっぽい男性が登場して、そのスタッフさん達一人一人に声を掛けてちょっと話して握手をして回っていました。それを見て、ジ~ンと感動。メンバー・サポメン・ファンだけじゃなく、スタッフにとってもファイナルなんだよな、って思ったら、開演前に既にウルウルして来ちゃいました。

幕をよくよく見てみると、照明の加減で、昭仁さんらしき人の影が見えました。上を向いて深く息を吸い込んだりしている様子が分かって、またちょっとウルウル。いつも楽しそうにLIVEをしているけど、やっぱりそれなりに緊張もするんでしょうね。頑張ってくれてるんだなぁ、って思いました。

M1 ハネウマライダー

最初からお客さんはすごい盛り上がってました。それを見て、昭仁さんも笑顔☆

M2 オレ、天使

M3 Devil in Angel

M4 BLUE SKY

M5 アポロ

M6 BLUE SNOW

M7 ヴォイス

私の、泣きポイント。ファイナルはいつも以上にグッと来て、ウルウル。

M8 休日

M9 Winding Road

ファイナルで初めて泣いてしまいました。
「長く永い旅路に僕は君に恋した」を、3月のプレライヴからの自分と重ね合わせたら、不思議とその後の詞もしっくり来てしまい。。
「深く深く束ねた指を」「本当は離したくない」んだよぉ。ウェーン。でした。

M10 サウダージ

MC (多分ここのMCだったと思う)

次の曲のためにギターを持った昭仁さん。しゃべり始めましたが、「ねぇ、ちょっと、ギター置いてもええ?」と言って、後ろに置きに行き、代わりにペットボトルを持って来て、マイクの前で飲み始めました。こんな寛ぎモードは初めてです♪

「このツアーの総括を晴一、なんか一言」とか言って振っておきながら、飲み物を飲むのに夢中になるあまり、晴一さんが「あのさぁ」と話し始めたら、「そうだねー」とトンチンカンな答え。怒る晴一さん。大笑いの昭仁さん。お客さんも大ウケでした。

晴一さんは、相変わらずジ~ンとする話をしてくれて。「今、ポルノグラフィティの曲は120曲ぐらいある。次のツアーは多分アルバムを出してからやるだろうから、そのアルバムの曲が多くなって、m-CABIからは一曲もやらないかもしれない。まぁ、ハネウマはやるだろうけど(笑)。盛り上がるから。今回のツアーは24公演で、このセットリストでやることは二度とないし、もしかしたら、この先、二度とやらない曲もあるかもしれない。そういう曲は、たった24回しか演奏しない。それって、とてもロマンチックなこと。今日はその最後の一回。大事に演奏しようと思う。」って。使ってた言葉はかなり違うと思うけど、こんな感じの素敵なことを言ってくれました☆

またウルウルする私。。

昭仁さんは、ツアー中のハプニングについて話してました。股間が破れた事件とか、チャックが開いた事件とか。。ちなみに、この話を説明するために、わざわざギターを後ろに置いたらしいです。。説明する時に、ギターを持ってるとその部分が隠れちゃうから、と。そんなに正確に示してくれなくてもいいんですけど。。でも、そういう律儀なあなたが大好きです♪

M11 Mr. ジェロニモ

M12 m-FLOOD

踊る昭仁さんを、2列目からまじまじと見たけど、つくづく、体育教師みたいだな、と思いました。。

M13 PRISON MANSION

M14 横浜リリー

M15 DON'T CALL ME CRAZY

M16 Before Century ~ Century Lovers

晴一さんはいつもここで上着を脱ぎ捨て、ロッカーな感じをアピールしていた訳ですが、ファイナルでは、初めから会場が超ホットだったので、かなり初めのほうで脱いでいました。その上着を、わざわざもう一度着て、脱ぎ捨てる。。どうしてもここで「脱ぎ捨て」たいんですね。。

本間さんが持っていた2つのジュリ扇のうちの1つを、途中から晴一さんが振り始め、最後、客席に投げました。最前列の人がもらっていました。

M17 NaNaNaサマー&ウィンターガール

M18 メリッサ

銀テープ取れんかったー。。

M19 アゲハ蝶

全員で歌うところは、いつも感動的です。しかも、もうすぐファイナルも終わっちゃうんだ、と思ったら、ウルウル。

M20 グラヴィティ

泣きましたよ。

最後、モニターに映る流れ星に、「ありがとう、また会えますように」って、乙女チックに祈ってみました☆その時はかなり本気。今思い返すとイタイ女。まぁ、LIVEは特別な空間だから、いいのです。

ENCORE

EN1 ウェンディの薄い文字

いつも通り始まったこの曲。でも、2番の途中で、スタンドからマイクをはずして手に持つ晴一さん。歌謡ショーのように、ステージの前のほうを歩きながら歌う。。最後はマイクを下ろしつつ、「ありがとうございました」と、一昔前の歌手にありがちな、「声はマイクを通らないけど、口の動きで分かる」みたいなつぶやき。かなりツボでした。

そして、いつもは、ギターを立てかけてステージを下りるのに、ファイナルでは、床にそっと寝かせて去って行きました。最後だからか?私はひそかに、山口百恵のファイナル公演で、彼女がそっと床にマイクを置いたのを思い出しましたよ。。若い子には分かるまい。。

EN2 リンク

この曲は、LIVEで聴いたほうが断然良い!リリース前なのに、お客さんがノリノリだったのが嬉しかったのか、昭仁さんはものすごい笑顔でした♪

メンバー紹介

通常通り、サポメンの紹介から。金沢出身ということで、森男さんが最後でした。「地元金沢出身なので、一言どうぞ」って昭仁さんに言われて、森男さん、「このツアー中に誕生日も祝ってもらったし、ファイナルが地元金沢ということも幸せに思う。この産展(産業展示館)でやるのが夢だった。夢は叶います。まだまだ僕も夢の途中です。」っていう素敵なコメントを聞かせてくれました。

その後、晴一さん、昭仁さんの紹介。いつものように、「ボーカル」「アキヒトー!」を繰り返した後、ジャーンとなって終わるかと思いきや、ポンプさんのドラムが終わらない。。「これはもしや、仙台の2日目でやってくれたという、アドリブか??」と思ったら、やっぱりそうでした!サポメンが仕掛けたサプライズだったみたいです。

ブルースっぽい(っていうのかな?)感じで、昭仁さんが、「お前らのことが~お前らのことがぁ~大好きだぁ~♪」とか「今日はほんとに~ほんとにありがとうぉ~♪」とか「君ら~最高ぅ~♪」とか、歌ってくれました。今更だけど、昭仁さんって、本当に歌が上手☆

で、終わるかと思って、昭仁さんが「本当に今日はどうもありがとうっ!!」と締めようとしたら、また盛り上がって演奏が続き、昭仁さんがアドリブで歌う、みたいなのを3回くらい繰り返しました。昭仁さんが完全にサポメンに遊ばれてる感じでした☆終わってから、晴一さん、「打ち合わせに無いこと、あんまりやらんでよ~」とか言って笑ってました。本当にサプライズだったみたいです。

EN3 ジレンマ

泣いても笑ってもこれが最後だ、と思ったから、いつも以上に思いっきり跳びました。

ソロ回しの部分が一人一人すごく長かったです。

ラストに差し掛かって、跳びながらも「ああ、これで本当に終わりかぁ」と切なくなり。。

そしたら、、、次の瞬間!

♪J~O~P~G~F~M~♪ と、聴き慣れたあのメロディーがっ!

ギャー!!!!!!!!

EN4 ミュージック・アワー

「ジレンマ」で体力を使い果たしたはずが、意外といけちゃうもんです。要は気力の問題だな、と。そんな訳で、笑顔で、ヨコヨコタテタテの変な踊り!超楽しかった~!

最後、昭仁さんが恒例のジャンプ。悔いの残らないように、私も一緒に思いっ切り跳びました。

その後

メンバー&サポメンが一列に並んで、挨拶。サプライズもあったし、いよいよこれで本当に終わりだぁ、としんみりしていると、、別の聴き慣れたリズムが。。

「m-FLOOD」です!で、フラッディがモニターに登場。スタッフからのサプライズだったみたいで、昭仁さんも晴一さんも、何が何やら分からない様子でした。開演前に使われていた小型スクリーンが、再びステージと客席の間に運び出されてステージ側に向けられ、メンバー&サポメンはその画面に見入っていました。

m-12星に帰る前に、最後に一つお願いがある、というフラッディ。

「もう1回みんなで一緒に踊らねぇか?」

それを聞いた時の昭仁さん、心底イヤそうな顔をしたのを見逃しませんでしたよ~。ハハハ。フルコーラス歌わされる、と思ったのかな。でも、実際、体力的にかなりキツかったんだと思います。

ダンスは、本編でみんなで練習したのと同じバージョンで、「3・2・1」のあと、サビを踊る、というものでした。メンバー&サポメンは横1列に並んでいました。1回終わった後、フラッディが「もういっちょ!」と言って、もう1回やりました。晴一さんが、全然踊れてなかったのが笑えました。

ダンスの後、フラッディが粋なことを言い出しました。会場のみんなはステージに、ステージ上のみんなは会場に向かって、お互いに、「お疲れ様」って言うのはどう?って。で、フラッディの「せーの」の合図で、「おつかれさまー!」。その時、晴一さんの目に光るものが。急いでTシャツの袖でぬぐうのを見て、私も撃沈。ここで完全に涙腺が壊れました。

フラッディが実は女の子だった、という衝撃の告白には二人も驚いていました。「この格好で新幹線に乗るのは恥ずかしかったぜぇ」とか言ってたのも笑えたな。彼、いや、彼女も遠征してたんだもんね。そして、フラッディは、案外アッサリと、迎えに来たUFOに乗って、去って行きました。それを見送って、また泣いている自分がおり。。

最初は正直、馴染めなかったフラッディ。カワイイと思えなかったし、ツアーマスコットっていう存在自体、疑問を感じていました。でも、最後には、しっかり情が湧いて、別れるのが寂しかったです。人の心って不思議。

そして、ようやくサポメンが退場。もう、サプライズはありません。。いつものように、花道の先まで、手を振りに行く二人。逆側の花道に行くためステージですれ違う時、晴一さんから手を差し出して、二人が握手。こういうのって嬉しい☆

再びステージに二人が戻って来たら、晴一さんがステージの前にいた(スチール)カメラマンさんに向かって、「握手撮った?」って聞いていました。カメラマンさんの返事はNO。という訳で、そこでもう1回握手をして、写真を撮ってもらっていました。

最後に恒例の生声挨拶。正確に覚えてないんだけど、こんな感じでした。。

晴一さん「お前ら大好きだ!」「好きだー!」

昭仁さん「最高の夜じゃった。愛してるから、また会いましょう!」

二人に「ありがとう!」って叫んで、見送って終了。私の3ヶ月のツアーは終わりました。いろんなことを思い出したら、しばらく涙が止まりませんでした。

終わって時計を見ると、20時半。開始から3時間半が経過していました。

本当に、心の底から楽しくて、最高にシアワセな時間でした☆参戦できたことを、本当にラッキーだったと思います。

|

« レポ執筆中 | トップページ | ライヴ熱? »

コメント

素敵なレポ、ありがとうございました。minaさんもお疲れさま。しばらくはゆっくり?お仕事してください。ほんと、ありがとう、感激しながら読ませていただきました。

投稿: mizukkie | 2007年6月21日 (木) 13:18

レポありがとうございました
ファイナルの様子がよく伝わってきました♪
これ読んでると、ミナさんはすっとウルウルしてたんですね。
しばらくは余韻に浸ってくださいね♪
来月はきっとテレビラッシュ!楽しみです

投稿: すみか | 2007年6月21日 (木) 21:31

ファイナルレポありがとうございます!!
楽しく読めたと同時にすごく羨ましい・・・。
ミナさんもお疲れ様でした。
今度からは初日とファイナルは外せません笑

投稿: ☆kazu☆ | 2007年6月21日 (木) 22:45

ミナさんおつかれさま!レポ読みながら私もウルウルしてしまいましたよ。すごくいい席だったんですね。いい席ならではの細かなところがわかってよかったです♪
それにしても、さすが文章きちんとしてますね~。私のレポ見たら分かると思いますけど、メチャクチャな仕上がりです(笑)

投稿: サイフさん | 2007年6月21日 (木) 23:38

☆mizukkieさん☆
読んで下さってありがとうございました☆
はい、しばらくは、ゆっくりにしか仕事ができそうにないです。フフフ。

☆すみかさん☆
読んで下さってありがとうございました♪
そうですね、私はずっとウルウルしていたと思います。。
来月はテレビラッシュか♪
泣いてる場合じゃないですネ。

☆kazu☆さん
読んで下さってありがとうございました♪
晴一さんの言う、「行けなかった人が羨ましがるようなLIVE」だった、ってことですかね~。
でも、少しは感動のおすそわけができたかな??
私も、次回、必ずまたファイナルに参戦します!

☆サイフさん☆
読んで下さってありがとうございました☆
そしてお疲れ様でした!
すっごく楽しかったですよネ♪
最後の最後で、サイフさんの参戦が決まって、本当に良かったです☆
レポを書くまで、参戦された方のブログ巡りは控えてたんですけど、今日から解禁なので、あとで遊びに行きまーす♪

投稿: ミナ | 2007年6月22日 (金) 00:09

久しぶり~♪

ライヴレポ読んでたら、なきそうになっちゃた;;

宮城でのLIVE思い出しながら・・・。

いつか、ライヴのファイナルに行きたいなぁ

あ~
泣きそう((笑

投稿: あゆ | 2007年6月22日 (金) 21:18

☆あゆ☆
ファイナルはねぇ、最初からウルウルだったよ~。
寂しいっていうのもあったし、今回は遠征も何回かして、思い出が沢山あったから、一つ一つ思い出してたら泣けて来ちゃった。
あゆも、いつか行けるといいね♪
でも、もちろん、ファイナル以外のLIVEも最高☆

投稿: ミナ | 2007年6月23日 (土) 00:08

素敵なレポありがとうございます!あの日のことを思い出して、うるっと来ちゃいました。本当に良いライブだったなぁ。お客さんの一体感も凄かったですよね!今回は何度も参戦したけど、ファイナルが一番の思い出です☆

投稿: キラキラ | 2007年6月24日 (日) 20:26

☆キラキラさん☆
読んで下さってありがとうございました☆
本当に良いLIVEでしたよね。
参戦できた私達は、本当にラッキーだったと思います。
あのLIVEをDVDにしてほしかった!

投稿: ミナ | 2007年6月25日 (月) 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "Open Music Cabinet"ファイナル公演を振り返る:

« レポ執筆中 | トップページ | ライヴ熱? »