« 坂の上の雲 | トップページ | 年の瀬、近し。 »

2010年11月24日 (水)

時のないホテル

ポルノグラフィティ、紅白出場おめでとう~大晦日はLIVEで会えるとはいえ、これはこれでシアワセなニュースです今年はカウントダウンがあるからどうだろう、と思ったけど、やっぱり出場するんですね番組の最後までは参加できないことになるけど、晴一さんはよくカフェイレで「紅白が好きだ」って言っているから、喜んでいるかな

さて、今日はCDを買って帰りました。なぜ今?っていう感じの、ユーミン

寺岡呼人さんの過去の日記を読むのが相変わらずマイブームなのですが、呼人さんはユーミンが大好きなので、よくユーミンの曲の話が出て来ます。それを読んでいるうちに、なんだか改めて聴きたくなり、某サイトの音源や昔買ったCDを聴いたりしているうちに、他にもCDが欲しくなって、買ってしまった、という訳です。

数あるアルバムの中から選んだのは、「時のないホテル」。

10112401

選んだ理由は、「セシルの週末」、「よそゆき顔で」、「水の影」が入っているから割と、悲しい曲、切ない曲、暗い曲、が多いのですが、それが今の季節にしっくり来て、イイ感じですちなみに、中に入っていたブックレットの文字がやたら小さくて、「何で?」と思ったら、もともとLPだったからなんですね時代を感じます。ちなみにリリースは1980年!

最初、レンタルでもいいかな、と思ったけど、ジャケットが気に入り、買うことにしました。この写真はロンドンのBROWN'S HOTELのもの。今年の5月にロンドンを旅した時、アフタヌーンティをしようと訪れたホテルだったのです。アポ無しで行ったら満席で入れず、結局別の場所に行ったのですが。。その時、ホテルの人に、「予約無しなんて無理に決まってんじゃん」とばかりに、ちょっと嫌な感じであしらわれ、実はあんまり印象は良くなかったんだけど、このアルバムをゲットしたことだし、次回はちゃんと予約して、行ってみようかな・・・と、ミーハーな私

ユーミンをちゃんと聴き出したのは、大学生になってからだったかな。。日曜の夕方5時からTOKYO FMでユーミンの番組があって、好きでよく聴いていました。ちなみにその後その流れで、4時からの福山さんの番組も聴くようになり、「この人って、こんな面白い人なんだ」と、彼の魅力を知ったのでした。懐かしい~。久々にユーミンの曲を聴いたら、忘れていたあの頃のことを思い出しました

|

« 坂の上の雲 | トップページ | 年の瀬、近し。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坂の上の雲 | トップページ | 年の瀬、近し。 »