« ポルノ港☆ | トップページ | ゴロゴロ »

2011年10月29日 (土)

盛り沢山の2日間

昨夜は、れいこちゃん・けいこちゃんと打ち上げで盛り上がり、すでに深夜だったにもかかわらず、その後カラオケに流れ込み、終了したのは、3:30遊び過ぎですでも、楽しかったー

そして今日は、牛タンを食べて、昼過ぎに解散しました。

11102901

仙台は何かと思い出深い土地なのですが、今回も忘れられない遠征となりました楽しいことが沢山あり過ぎて、とても1泊2日だったとは思えないくらい。シアワセな時間でした。また行きたいな、仙台

仙台駅でゲットしたずんだシェイクとずんだ生クリーム大福で、ずんだまみれになりながら仙台をあとにして、東京へ東京駅からそのまま向かったのは、原宿の代々木第一体育館。ユニコーン出演の、東日本大震災復興祭に参加して来ました

11102902

今日の席は、後方とは言え、アリーナ席でした長身の私は、割と後ろのほうでも気持ち良く参戦できちゃうのですが、今日の席も、思っていたよりずっとステージが近くて、良く見えました

トリはスカパラで、ユニコーンはその一つ前でした。

今年のユニコーンは、これで見納めだろうな、と、覚悟はしていたつもりだったけど、奥田氏本人から「ユニコーンとしては今年のライブ納め」とはっきり言われ、あぁ、やっぱりそうか、と、改めて寂しくなってしまいました。

最後の曲のアウトロで、川西さんのドラムがちょっと長くて、何というか、「これで今年最後の曲も終わるんだ」ってことを噛み締める感じの演奏で、感動しました。私としても、「あぁ、最後なんだ」と思いながら、全ての曲を大切に、かつ、思いっ切り楽しんで聴きました

5人が袖に消えて行くのを見送って、喪失感に包まれてしまったけど、その後、トリのスカパラが登場して、楽しい気分にさせてくれましたスカパラは初めて生で聴いたのですが、迫力があって、カッコ良くて、素敵でした

最後の曲のイントロが聴こえ、スタンドマイクが運ばれて来るのを見て、思わず「キャー」。

まさかの「美しく燃える森」で、民生さん再登場でした初めてのスカパラで、この曲が聴けちゃうなんて、ラッキーだったなぁ

そして復興祭は終了。沢山の音楽に触れて、シアワセな時間でしたユニコーンの今年の見納めもできてよかった

振り返ってみると、初めてユニコーンを生で聴いたのは、8月、この代々木第一体育館でした。同じ場所で見納めすることになったのも、なんだか不思議な縁だなぁ、と思います。

縁と言えば、今日10/29は、2005年に、ラバッパーになって初めて取ったチケットでポルノのLIVEに参戦した、記念の日です。そのLIVEのアンコールで、ポルノがカバーしたのが、ユニコーンの「スターな男」でした。あれから6年。自分が同じ日に、ユニコーンをこんな気持ちで聴くことになるとは、夢にも思いませんでした。これも不思議な縁だなぁ、と思います。ちなみに、あの日も今日と同じ、土曜日でした。

次にユニコーンとしての演奏を生で見られるのはいつのことなのかな、と思うと、寂しくなってしまうのですが、その日を楽しみに待っていようと思います

盛り沢山の長い長い2日間が終わりました。とりあえず爆睡したいと思います

|

« ポルノ港☆ | トップページ | ゴロゴロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポルノ港☆ | トップページ | ゴロゴロ »